キミドリさんとペンギン君の日記

vol.14シュレーターペンギン

Posted on | 1月 24, 2006 | 4 Comments

シュレーターペンギン
[マカロニペンギン属]
体長:67cm 体重:4.0-5.0kg
下側に垂れ下がっている冠羽がなく、全て上に逆立って、眉が立っているように見えるので別名マユダチペンギンといいます。生息地の亜南極、ニュージーランド周辺は自然が守られています。無人島で人も滅多に訪れず、島の原生林は健在です。
キミドリさんは、シュレーターペンギンさんに眉毛の太さが足りないと指摘され、描いてもらってます。男前になったとペンギンさんは喜んでますが・・・

Read more

vol.13ロイヤルペンギン

Posted on | 1月 23, 2006 | No Comments

ロイヤルペンギン
[マカロニペンギン属]
体長:65-75cm 体重:5.0-6.0kg
生息地 ニュージーランド南方のマックオリー島付近に生息します。頭に黄色い毛が逆立っている種類の中で顔が白いのが特徴です。
過去に、「ペンギン釜」というものを使って、一度に数千羽の命が奪われていたという歴史があります。犠牲になったのは、イワトビペンギンやロイヤルペンギンです。人間による乱獲で、彼等は絶滅の危機にあり、危急種に指定されています。
ロイヤルペンギンさんはおじいさんの死を無駄にしないよう、命の尊厳を訴え続けています。

Read more

vol.12イワトビペンギン

Posted on | 1月 12, 2006 | 7 Comments

イワトビペンギン
[マカロニペンギン属]
体長:45-48cm 体重:2.5-3.5kg
インド洋と大西洋の亜南極、南部温帯域の島々に生息します。頭に黄色い毛が逆立っているとイワトビペンギンと総称されがちですが、見分けられるようにがんばりましょう。イワトビは後頭部の毛も逆立ってます。
名前の由来は、岩を足を揃えてぴよんぴょん飛んで移動するところからです。高台に巣を作る習性があるので、海へ餌を捕りに行ったら岩山を登って帰ってこなければなりません。
『マカロニ属』の中でも最も小型なのですが、性格はペンギンの中で最も攻撃的だと言われています。しかし、岩間に落ちそうで困っているキミドリさんが気になるようです。

Read more

vol.11マカロニペンギン

Posted on | 1月 11, 2006 | No Comments

マカロニペンギン
[マカロニペンギン属]
体長:71cm 体重:5.0-6.0kg
南極半島、亜南極流氷帯の北南極海域付近に生息しています。同じマカロニペンギン属の生息地域の中では最も寒冷です。
外見は同属の中でも、冠羽の色が濃く、オレンジ色か山吹色になっていて、真ん中で繋がってるのが特徴です。
オキアミが食料ですが、人間の漁業によって被害をうけています。共存するというのは難しい問題なのでしょうか。マカロニペンギンさんは、今日も不漁で家に帰りにくそうです。

Read more

キミドリん
キミドリさん
ホッカムリー王国を脱国して日本へ来た。ペンギン君の社宅に居候。ポジティブな青年。
ペンギンくん
ペンギンくん
ニュージーランド出身。水族館で働いています。スターになるのが夢。フラフープが得意。
デビルさん
キミドリさん
キミドリさん達の友人。趣味はワイン作り。悪魔らしい一面を持っているが、心優しい。
神様
神様
いつも身震いしていて弱そうだが、偉大なる存在。木のお医者さんでもある。餅すすりが得意。
皇帝ペンギンさん
皇帝ペンギンさん
ペンギン君の同僚で、社宅の隣人。背が高いためにいつも全身が見えない。穏やかだけど、時々熱い。

Search

Admin